東京スカイツリー ウォッチング  TOKYO SKYTREE WATCHING

スカイツリ-に関するもろもろを注視します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

隅田川花火大会

28日、隅田川花火大会。コアタイムのPM8:00から8:30ころのおしなり公園界隈をパトロール。予想通りの人人人…。

ここからでもそれなりに花火が見える。とくに、東武橋近辺からは、北側の業平橋駅とガードの上にちょうど良い具合で花火が上がる。皆、北側を見つめている。
120728.jpg
120728 (6) 120728 (5)

120728 (7)

8:30に終わってからの人の流れを確認。東武橋は駅に向かう北向きの人の流れが絶えない。橋の歩道上で20分ほどウウォッチしたが、簡単に耐えない量の人の流れ。

「車道を歩かないで」と、女性警官の声が響くが、どうしてもあふれる。警官に加え、交差点で車と人を裁く交通警備員の仕事が秀逸だった。笛と蛍光バー(?)を自在に使って、振る舞いに迷いがないので、見てて気持ちよい。相当なベテランを投入したか?歩道の信号は、青が20秒、その後点滅5秒、そして赤といった間隔だ。

これで流れきれない群集が橋の上、業平橋駅そばなど膨れ上がるが、東武橋東側歩道が滞留スペースになって、何とかなっているという感じ。
120728 (2) 120728 (4)

また、東武橋を渡った人の半分くらいがスカイツリータウンに流れ込む様子で、ここが人を吸い込むので、路上に滞留する群集はあまり見られず、流れが途切れないこととなっている。

事前予想では、花火が終わってから浅草方面からツリーに流れて来る人数が気になっていたが、それ以前に、開始前から、場所取りで、おしなり公園界隈だけでも相当な人数になることが分かった。

警察の力の入れようも相当なもので、警備車輌、警官の数は半端ではなかった。周辺はパトカー、救急車のサイレンがひっきりなしの感じ。9:30になっても、浅草通りでは「歩道に上がるように!」と、男性警官の叱責調のマイクの声が轟いていた。

おしなり公園界隈は、歩道などの平面はほぼ人で埋まった様子だったが、花火を見ている時はほとんど動きがないし、歩く人もゆっくりなので、暗い中でも目立った衝突はなかったようだ

一方、花火が終わってからは一斉に帰路に付く人の流れができたが、スカイツリータウンがその半分近くを吸い込むことで、群集が狭い場所に長時間滞留するということはなくて済んだ。

周辺には、すし屋など飲食店がちらほらあるが、それ以外は、夜ともなれば一層何もないところだ。人々はいやでも、昼を欺く照明が輝き渡るツリー方面に吸い寄せられていく

時間がたっても近所をぶらつくのは、若者の集団や浴衣のカップルが大半。一部が、時に奇声を上げているが、騒音としてはバイクの方がはるかに迷惑といったところ。川沿いは風が吹いて気持ちよいということもある。

スポンサーサイト

PageTop

管理強化

120727 (2)
最近、こういうベストを着たおじさんをよく見かける。駐輪規制の次は路上禁煙がテーマのようだ。苦情が増えていることが推察される。

この女性は、カーブミラーを使ってツリー全体と自分を映り込ませるサービスをやっているようだ。午前10時頃で、警備員が「どこでやろうとしているんですか?」「ええ、今から場所を決めて…」などと話しているのが聞こえる。

警備員が「最近、路上は取り締まりが厳しくなっているんですよ」「そうなんですか…」と女性。客引きには強力な武器になっているだろうミラーを持って、困惑している様子。

先日、自転車2台のおばさん連れが、歩道を走っていて、警官に下りて押すように指示されていた。これまで以上に口やかましくなっている印象ではある。夏休みに入り、明日は花火大会もありとなれば、管理強化も理解できるが、何でもありの猥雑さと活気も捨てがたい



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。