東京スカイツリー ウォッチング  TOKYO SKYTREE WATCHING

スカイツリ-に関するもろもろを注視します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スカイツリー完成


各紙、2月29日付夕刊はツリーの完成を伝えた。東京新聞は「3年半かけ634メートル スカイツリー完成」の見出し。以下、同紙の記事要旨。イラストも同紙から。
---------------------------
スカイツリーは閏(うるう)日の29日午後、建設工事を終え、完成。当初の完成予定は昨年末だったが、東日本大震災の影響で資材の納入が遅れ、2カ月延びた。今後は従業員の訓練や内装工事を進め、5月22日に世界一高い電波塔として開業する。

 スカイツリーは2008年7月に着工。昨年3月18日、634mに達し、併設する商業施設を建設していた。約3年半の工事期間中、無事故だったという。

開業後は最大で1 日2 万人の入場が見込まれる。29 日は施工者の大林組が、事業主の東武鉄道グループに施設の鍵を引き渡すなどの手続きを行い、施設管理が東武へ移る。

都心での降雪を受け、タワーを管理する東武タワースカイツリーは同日早朝から71人態勢で周辺への落雪を警戒。塔の展望台屋根上で雪払いをしたり、路上で歩行者に注意を呼びかけたりするなど対応に追われた。

 スカイツリーからの地上デジタル放送波の発信は、2013年1月ごろに始まる。
------------------------------------

スポンサーサイト

PageTop

2500万人さばけるか


IMG_0001_convert_20120229104709.jpg
東京新聞29日付「634の下で 中」は、交通問題を取り上げた。掲載記事は、スペースの都合上、分解してレイアウトした。

”2500万人さばけるか”とあるが、さばけない!これといった対策もないことを「予測が難しい」という墨田区、東武のコメント紹介で明らかにしている。

東京ドームの場合、駐車場の許容量が限られているので、開業当初から自動車での来場を控えるよう広報に力を入れた。記事でも、東武担当者は「公共交通機関での来場を徹底して呼びかける」と語っているのだが、そうなると地下鉄、電車の最寄り駅がどうなるか、「予測が難しい」では許されない。東京新聞はここも突っ込んで欲しいものだ。

同日、ツリーそのものの建設工事は完了、産経新聞は、”大林組の担当者は「手塩にかけて育てたまな娘を嫁に出す思い」という”とのコメント伝えた。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。