東京スカイツリー ウォッチング  TOKYO SKYTREE WATCHING

スカイツリ-に関するもろもろを注視します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仕事納め

091228.jpg只今254M.今日は、民間企業の場合ほとんどが仕事納め。現場は朝から活気がある。地上付近の覆いが取り外されたので、足元からすっきり見える

知人に工事関係者がいて、先日、現在登れる一番上まで登ったそうだ。見晴らしがいいのはもちろんだが、作業をする立場だとかなりビビるという。さもありなん。

1週間で10M弱のペースで高くなっている様子なので、300Mに到達するまであと2か月もあれば十分か?もっとも、上の方が細いのでペースが上がるのか、逆に神経を使うので遅くなるのか。正月休みもあるだろうから、2月のいずれかの日ということにしておこう

ところで、最近は、京成橋や、東武橋近辺でTVクルーに遭遇することが多い。過日は、日没後、工事用照明が灯って、湾岸のプラント群のようなたたずまいを眺めている人たちの声を拾っていた。

ともあれ、現場の皆さんには、無事故でがんばっていただきたい。そういえば、元請けの大林組とは限らないが、施工している大手建設業者は、下請けいじめをしないで、払うものは払っているのだろうか。孫請けか、曾孫請けに当たるらしいある業者が、設計変更があったのに、割り増しを支払うのを渋っていると言って、泣いてました。犯人探しをされると困るので、誰とは言いませんが。

建築工事は一般に、図面どうりには進まないのが常識。リスク管理をきちんとやるのも、プロの業者の仕事のうちではある。もっとも、このご時世。あらかじめその分の利幅をとって受注するのはこれまた至難の業。現場の作業より、仕事を取る方が神経も使うし、スキルが必要かも。

スポンサーサイト

PageTop

人道橋

091218-2.jpg只今245M.これは、スカイツリー南側を流れる北十間川に架ける予定の人道橋の完成予想イラスト。現在基礎工事に着手。スカイツリーのほぼ正面に架ける模様で、幅約10M。川幅は約20Mなので、長さもほぼ同じ。中央が狭く、かなりの太鼓橋に見える。工事現場の看板を撮影したものなので、ちょっとわかりにくいかも。手前が南側、渡ると道路があり、これを横断してスカイツリーの1階に到着。この道路には、入場、退場するクルマが走っているので、横断には信号が必要になる。

私は、危機管理上この橋は架けない方がよいと思っている。詳細は省くが、動線管理上、橋は大半がボトルネックになるというのが常識。群集事故誘発要因になるのではないかとにらんでいる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。