東京スカイツリー ウォッチング  TOKYO SKYTREE WATCHING

スカイツリ-に関するもろもろを注視します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スカイツリーのインフォメーションセンターに行く

カイツリーのインフォメーションセンターに行ってきた。東武・業平橋駅のそばで、無料でビデオやパネル、模型を見ることができる。私は住民説明会の折、「HPやPR紙を配布するだけでなく、フラッと行くとリアルタイムの情報が得られる場所を設けてほしい」と要請していたので、実現されてよかったと思う。
の写真は、家からの途上で撮ったもの。工事の写真を撮ろうという人が近辺にかなり出没しているが、今は足場が邪魔をしてよくわからないのが実際だ。足場は今以上には高くならないので、今後足場を突き抜けて立ち上がってくると、タワーらしくなってくるだろう。
中ほどの写真は、インフォメーションセンターの玄関、内部、展示してある模型など。内部には30人ほど座れるビデオシアターがある。
体受け付けもしているようなので問い合わせてみるのもよいが、このセンターに行ってもまだあまり面白くはないだろう。それよりも、受付の女性が2人もいたことに仰天。土曜の午後3時ころ訪ねたのだが、さすが東武はリッチやな、と感じた。最近は、こうした施設の運営会社があって、外注していることもあり得るが、それにしてもいまどきこんな小さな施設にひとお貼り付けるのはある意味大したもの。
なみに、ドアを開けると受付嬢が訪問者リストのノートを出すので、名前、住所、センターを何で知ったかなどを書くことになっている。訪問中にも、地元住民と思しき親子連れがやってきて10分程度で出て行った。平均滞在時間は10分内外ではないかと推測する。
辺の観光マップが用意してあって、遠くから来た人は貰うと参考になるかも。
なお、タワーの最高点は610mだが、展望台は450mの高さになる予定。それでも東京タワーのてっぺんである300mよりなお高いのは確か。ビデオでは450mからの視界を少しだけシュミレートしているが、東京湾、富士さんも楽々見えるという触れ込みだった。確かに、固定した立ち位置では日本一の高さになるのは間違いないから、一度は行ってみたいスポットにはなるだろう。
私は修論で、それによる人や車などの混乱を予見しようとしている。
武に取材を申し込んだところ、いったんは体よく拒否されたのだが、巻き返してアポをとったので、7月には訪問することになっている。一連の様子は、可能な範囲でここに書こうと思っている。
地元の墨田区の担当者には取材済みで、これも興味深い話があったのでいずれ紹介したい。

PA0_0017.jpg

PA0_0015.jpg

PA0_0012.jpg

PA0_0010.jpg

PA0_0008.jpg

PA0_0004.jpg

PA0_0002.jpg

PA0_0001.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。